기사 (3,166건)

[ソウル=ヘルスコリアニュース] セルトリオンのコロナ19治療剤「レキローナ(Rekirona-ju)」が南アフリカ共和国の変異ウイルスに対しても効能があるという2番目の動物試験結果が出た。セルトリオンは18日、コロナ19抗体治療剤「レキローナ」(CT-P59)の南アフリカ共和国「ベータ」変異ウイルスに対する動物効能試験の結果、ウイルスの力価減少および体重減少防御効果など有効性を確認したと発表した。コロナ19に感染した実験用マウス50匹を対象に注射剤「レキローナ」を投入した結果、薬物を投入しない対照群に比べ「レキローナ」投与群でウイルスの力価が大きく減少し、体重減少も減るなど、臨床的改善効果を確認したという。今回の動物実験は4月に発表された効能試験に続き2回目に行われた。セルトリオンは「先に行われたフェレット対象試験での臨床適用用量より低い用量でも効能が立証され、レキローナの高い中和能を確認できた」とし「生存率評価でもレキローナの生存率は100%なのに対し対照群の生存率は50%にとどまった」と説明した。セルトリオンは今年4月、国内外の研究機関と共同で行ったレクキロナの南アフリカ共和国(ベター)変異ウイルスに対するフェレット対象動物効能試験で、野生型ウイルスと比較してウイルス中知能に特別な違いがないという結果を発表している。 この結果は、米国生物化学生物物理研究ジャーナル「BBRC(Biochemical and Biophysical Research Communications)」に掲載され、研究結果に対する客観的な公信力を確保している。  写真説明:セルトリオンのコロナ19抗体治療剤「レッキロナ」セルトリオンは、今回の南アフリカ共和国の変異ウイルスに続き、インド(デルタ)、ブラジル(ガンマ)変異に対しても動物効能テストを進行中であり、早ければ来月にもその結果を発表する予定だ。セルトリオン関係者はヘルスコリアニュースに「最近、レクキローナのグローバル大規模臨床3相の結果発表に続き、南アフリカ共和国(ベータ)変異にも対応可能だという事実を動物効能試験を通じて立証することになった」とし「現在全世界で発見されているインド(デルタ)、ブラジル(ガンマ)変異ウイルスを対象にする動物効能試験でも肯定的な結果を導き出した場合、製品輸出協議や海外許可にも役立つと期待する」と述べた。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-18 11:42

[ソウル=ヘルスコリアニュース]  非対面診療, いわば遠隔診療の実施如何を巡り、市民社会でも意見が厳しく対立している。保健福祉部は非対面診療などの医療懸案について議論するため17日(木)、ソウルシティタワーで「利用者中心医療革新協議体」の第15回会議を開催した。この日の会議には、民主労働組合総連盟、韓国労働組合総連盟、経済正義実践市民連合、韓国消費者連盟、韓国YWCA連合会、韓国患者団体連合会の6つの市民社会団体が出席し、▲非対面診療と▲保健医療分野の新技術適用案などについて議論した。この席で患者·消費者団体は島嶼·山間部など医療脆弱地域または重度障害者など身体障害者を対象に非対面診療を制限的に許容するが、試験事業を通じた効果評価後に拡大するかどうかを検討すべきとの意見を提示した。 いわゆる「条件付き施行案」を提示したのだ。しかし労働界は、医療脆弱地域を対象にした公共医療の拡充が優先課題だとして、非対面診療に反対する立場を明確にした。 労働界は、非対面診療を実施する場合、不要な医療費用の増加、医療伝達体系の歪曲などの副作用が予想されるという憂慮を伝えた。 これと関連し、この日の会議を主宰した保健福祉部のイ·チャンジュン保健医療政策官は「非対面診療推進に対する多様な意見を収集するため、利用者協議体、保健医療発展協議体など複数の主体が参加する公聴会を開催し、改めて意見を聴取したい」と述べ、この日の会議を終えた。福祉部は現在、非対面診療を認めるべきだという立場だ。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-18 11:09

韓国乾癬協会が9日午後、江原道原州(カンウォンド·ウォンジュ)所在の国民健康保険公団の前で記者会見を開き、重症乾癬の算定特例基準の改善を促している。 [ソウル=ヘルスコリアニュース] 重症乾癬患者の算定特例新規登録及び5年再登録の時期が近づいている中、乾癬患者たちの算定特例基準改善に対する声が日々高まっている。韓国乾癬協会は9日、江原道原州(カンウォンド·ウォンジュ)にある国民健康保険公団本部前で記者会見を開き、重症乾癬患者の算定特例制度の改善を促した。慢性皮膚疾患の乾癬は2017年6月から本人一部負担金算定の特例が適用されている。 国民健康保険公団は当時、「他の疾患に比べて一人当たりの給与費が高い」「重症乾癬患者が他の疾患に比べて増えた」などの理由で非常に症状が深刻な「重症乾癬患者」に算定特例の支援対象を限定した。 健保公団はまた、重症乾癬患者数を2万2000人と推算し、14億8000万ウォンの予算を割り当てた。しかし、平成29年6月に重症乾癬に対する算定特例登録が開始されて以来、4年が経過する間にこれまで約4500人の患者だけが登録された。 これは健保公団が当初推算した2万2000人を遥かに下回る数だ。 これと関連し、患者団体は「健保公団が算定特例対象を"高価な医療費支援が切実な重症乾癬患者"に限定したため」と説明した。  韓国乾癬協会のキム·ソンギ代表が9日開かれた記者会見で入場文を読んでいる。この日の記者会見で韓国乾癬協会ののキム·ソンギ代表は「政府は疾患の重症度と患者の生活に及ぼす深刻な影響などを考慮し、重症乾癬患者の算定特例基準を生物学的製剤の健康保険給与基準と同様に見直すべきだ」と主張した。キム代表は「健保公団が最初に設定したとおり、2万2000人の患者に14億8000万ウォンの予算を割り当てるということは、患者1人当たり6万7273ウォンの予算が入るということだが、現在、乾癬治療に使われる生物学的製剤は1回の投与費が150万ウォンを超える。 薬剤費を全く考慮しない予算配分だ」と批判した。ちなみに乾癬治療に使われる生物学的製剤は韓国アブビーの「スカイリッチ(Skyrizi)」、韓国ヤンセンの「トレムピア(Tremfya)」、韓国ノバティスの「コセンティクス(Cosentyx)」などがあり、これらの医薬品はすべて遺伝子組換え方式によって作られた。 キム·ソンギ代表は「多くの重症乾癬患者が算定特例の対象に登録できていない状況だ。 登録患者数が増加傾向にあるのは当然だ」とし、「重症乾癬算定特例は高価な医療費支援が切実な重症乾癬患者だけが登録できるため、軽症と中等症の患者すべてが算定特例登録対象である他の疾患と比較すると、一人当たり平均給与費は当然高くなるしかない」と述べた。キム·ソンギ代表はまた、「政府は算定特例前の2016年の重症乾選給与費と2020年の給与費を比べると急激に増えたと主張する。 これはむしろ算定特例以前には重症の乾癬を治療できる治療剤があるにもかかわらず、必要な治療をまともに受けられなかった患者が多かったことを示している」と説明した。 乾癬患者の凄惨な姿。この日の記者会見で乾癬患者たちは「常識を逸した重症乾癬5年の再登録基準にはこれ以上言及する価値さえない。 治療中断の条件は、「以前に失敗した治療を再び受けなければならないため、医学的に問題があるということがすでに確認されているが、健保公団は是正する意志もなく1年の猶予を取り上げている」とし、「健保公団の行動は、重症乾癬患者を人と見做さず、実験対象として見る反人権的非人間的な行為だ」と強く批判した。特に患者たちは「重症乾癬の深刻性と重症度、患者の苦痛と生活に及ぼす影響がアトピー皮膚炎やクローン病、強直性脊椎炎,  関節リウマチなど他の重症難病疾患と比べて大きくないというのが政府の認識なのか聞いてみたい」とし「実際に乾癬患者の自殺率が癌患者の自殺率より高い」と悔しさを訴えた。 乾癬患者の凄惨な姿。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-10 17:38

盆唐(プンダン)チャ女性病院のパク·ヒョン教授(左)とクォン·アヨン教授。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  NK(自然殺害)細胞を活性化させる「ULBP1」というタンパク質の発現が高いほど卵巣がん患者の生存率が高いという研究結果が出た。  これは卵巣がんにおけるNK細胞の役割が究明されたもので、免疫細胞治療の新たな代案になるものとみられる。茶医科学部盆唐女性茶病院婦人癌センターのパク·ヒョン教授、病理科クォン·アヨン教授、茶医科学部医学科のイ·ジフン博士の研究チームは卵巣癌患者の組織を分離して分析したこうした内容の研究結果を最近「延世医学ジャーナル」に発表した。NK細胞はがん細胞の免疫監視を担う主要細胞だ。 NK細胞はガン細胞表面活性因子によって刺激を受けて活性化し、活性化したNK細胞はガン細胞を殺害する。 [図1参照]難治性癌である卵巣癌は現在までNK細胞及び関連分子生物学的要因が臨床的に及ぼす影響が明確に明らかになっていない。  [図1] 活性化されたNK細胞ががん細胞を殺害する過程。研究チームは卵巣がん患者79人を対象に卵巣がん組織を分離してNK細胞主要活性化受容体であるNKG2Dと結合するMICAB、ULPB1、ULPB3などの発現程度を分析した。 その結果、ULBP1の発現比率が高い患者は、低患者に比べて卵巣がん再発のリスクが26.3%P低いことがわかった。 生存分析においても、年齢と抗がん抵抗性とともにULPB1の発現程度が生存率と関連があるものと確認された。 また、卵巣癌の中で最も予後が良くない高等級腸液性腺癌組織でNK細胞分布図を確認した結果、NK細胞が発見された患者群は再発されなかった。 NK細胞が発見されなかった患者群は54.3%が再発し、30.1%は卵巣癌で死亡した。パク·ヒョン教授は「最近、癌治療に標的療法など様々な新しい治療が適用されているが、卵巣癌は依然として治療が難しく治療反応を予測することも容易ではない、今回の研究を通して卵巣癌におけるNK細胞の役割と重要性を確認することで難治性癌でNK細胞を利用した免疫細胞治療が新たな代案になるものと期待される」と明らかにした。今回の研究は、韓国保健産業振興院と保健福祉部の支援で行われた。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-10 15:28

脳電症手術が可能なソウル峨山病院の映像医学科外来撮影室。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  大韓神経科学会が「脳電症を手術する医師が不足している」として国の支援を訴えている。 一名「てんかん」とも呼ばれていた脳電症は、脳神経細胞が一時的に異常を起こし、精神機能や意識状態、感覚、運動機能などの障害が突発的に繰り返し現れる疾患だ。 脳栓症は痴ほう、脳卒中とともに3大神経系疾患に挙げられる。大韓神経科学会によると、国内の脳電症患者は約36万人にのぼる。 このうち30%は薬物治療によって調節できない薬物難治性脳栓症で、国内に約12万人がいる。 薬物難治性脳栓症は薬で治療することはできないが、脳栓症の手術を受ければ治療率が約85%で非常に高いというのが学会の説明だ。しかし、全国に高い難易度の脳栓症手術ができる病院は6ヵ所だけだ。 ソウルに5つ(三星ソウル病院、ソウル大学病院、ソウル峨山病院、新村セブランス病院、高台九老病院)、釜山(ヘウンデ·ベク病院)に1つだけだ。脳栓症手術を実施するためには神経科、小児神経科、神経外科の手術場内の協力診療システムが必要で、専門看護士、ビデオ脳波検査装備および技師人力など備えなければならないものが多く、手術も難易度が高い。 一方、手術をしても報酬価が低く、病院の支援がないため、大部分の大学病院は考えることができない。このような中、脳電症手術に熟練した神経外科医師すら非常に不足しているのが現状だ。神経科学会は「韓国で脳電症手術を受けなければならない患者は1万人を超えるが、1年に脳電症手術を受ける患者は200人にすぎない」とし「がん、脳腫瘍、脳血管奇形、脳出血など他の脳手術は全国すべての大学病院ができるが、脳電症手術はできない」と残念がった。このため、90%以上の患者が手術治療を受けられずにいるが、このような疾患は脳栓症に過ぎないと神経科学会は説明した。米国には脳電症手術センターが230、日本には50ある。 したがって、人口数を勘案すれば、韓国には少なくとも15~20ヵ所の脳栓症手術センターが必要だが、現実は正反対だ。何よりも非常に低い脳栓症手術治療率と医師の人手不足は、韓国の公共医療の限界を示しているという指摘だ。 大韓神経科学会は「先進国のように全国どこでも脳電症手術を受けるためには地域拠点脳電症手術センターの構築に政府支援が必要である、認知症安心センター、広域心脳血管センターのような地域拠点の脳電症手術センターも支援すべき」と訴える。学会はまた「最も手術を多く行い、上手な医師が65歳になると、定年により急に脳電症の手術をできなくなる」とし「代替する医師がいないため、その被害は莫大だ」と明らかにした。 従って 脳電症手術ができるごく少数の神経外科医師の定年を延長するか、定年後も手術を継続できる制度の樹立が切実だということだ。 学会関係者は「薬物難治性患者の死亡率は一般人の27倍だ。 脳電症手術が非常に急がれる」とし「政府は医師が不足していると公共医大を設立すると言っているが(それよりもっと切実なのは)ごく少数の脳電症手術医たちが65歳定年以後も大学病院で手術ができるよう制度を用意すること」と強調した。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-02 10:35

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장