기사 (3,166건)

[ソウル / ヘルスコリアニュース]  コスピ(KOSPI)指数が終値基準で史上最高値を更新した。 医薬品や製薬も同様に、強い上昇振りを見せ、主導的に指数をリードした。10日、コスピ指数は前取引日比52.1ポイント(+1.63%)高の3249.30で取引を終え、先月20日(3220.70)以降3週間ぶりに終値基準で史上最高値を更新した。 今年1月11日に記録した取引中の最高値3266.23にはやや及ばなかった。未来アセット証券は「米イエレン財務相の利上げ発言で市場が一時的に不安定だったが、前週発表した失業率、低迷する雇用参加率、コンセンサスを大幅に下回った米非農業雇用指標は、テーパリング議論が時期尚早との主張の正当性を高めたことで、テーパリング(連邦準備制度が量的緩和政策の規模を徐々に縮小)懸念が緩和し、これが国内株式市場の上昇につながった」と分析した。 投資家別の売買動向を見ると、同日の上げ幅を拡大させたのは外国人と機関だった。 個人が1兆1921億ウォンを純売りする間、外国人と機関はそれぞれ2386億ウォン、9668億ウォンを純買収した。医薬品指数は472.92ポイント(+2.67%)高い1万8162.97となり、1万8000台を一気に回復した。 コスピの全業種で5番目に高い上昇率を記録し、コスピ指数の上昇を積極的にリードした。銘柄別にはシンプン製薬の優先株価がストップ高となり、シンプン製薬(+16.80%)、三星製薬(+14.57%)なども二桁の上昇を記録した。 プグァン薬品(+7.91%)、理研製薬(+7.64%)、ユナイテッド製薬(+6.74%)などの順だった。大半の銘柄が上昇し、同日下落した銘柄はイルソン新薬(-0.67%)、一同ホールディングス(-0.34%)の2銘柄だけだった。このような強気について、一部ではワクチン知的財産権免除の推進や国産mRNAワクチン臨床計画のニュースなどが好材料として作用したと見ている。疾病管理庁中央防疫対策本部のクォン·ジュンウク第2副本部長も7日の定例ブリーフィングで、「新たに主人公として登場したmRNAワクチンプラットフォームは、がんなど感染病以外の慢性病領域にも拡大される技術であるため、必ず確保されなければならない」と述べている。一方、コスダック(KOSDAQ)指数は個人の買い注文に支えられ、前取引日より14.5ポイント(+1.48%)上昇した992.8を記録した。 製薬はコスダック業種の中で最も高い上昇率を見せた。 この日、製薬会社は478.05ポイント(+3.92%)高の1万2682.88ポイントで取引を終えた。ユーバイオロジックス(+21.32%)、ヒューオンスグローバル(+17.25%)、エスティファーム(+14.23%)、韓国パーマ(+13.00%)、ジェテマ(+12.05%)、韓国ユニオン製薬(+10.39%)など、ワクチンおよびmRNA関連株の上昇が目立った。ヒューマシス(-7.05%)、ティーアンドアールバイオファブ(-5.01%)、ウジンB&G(-2.23%)、アスタ(-2.17%)、ティーアンドエル(-1.38%)、第一バイオ(-0.89%)などは下落したまま取引を終えた。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-05-11 08:14

セルトリオンヘルスケアのコロナ19抗体治療剤「レッキロナ」[ヘルスコリアニュース][ソウル / ヘルスコリアニュース]  セルトリオンヘルスケア(Celltrion Healthcare)が中東地域の中核国家であるパキスタンとコロナ19抗体治療剤「レッキローナ(Rekirona-ju)」の輸出契約を締結し、初のグローバル販売を開始する。セルトリオンヘルスケアは「最近パキスタン国防省傘下の防衛産業最大手POF(Pakistan Ordnance Factories)の子会社とレック·キーロナ」(成分名:レグダンビマップ)。 Regdanvimab)10万バイアルの販売契約を締結した」とし「近いうちに契約物量を出荷する計画」と明らかにした。今回1次販売される「レキローナ」はパキスタン軍人および一般人のうちコロナ19確定者を対象に投与が行われる予定であり、契約が締結された10万バイアルは約3万人に投与が可能な物量だ。セルトリオンヘルスケアは「レッキロナ」投薬を担当する現地の医師·看護師などに対する教育支援のためパキスタン現地に医療人材を派遣することにした。パキスタンは人口数が世界で5番目に多い2億1660万人で、最近コロナ19の新規確定者が1日平均約4000人に達しており、累積確定者数も85万人を超え、その数が韓国の7倍に達するほど深刻な状況に陥っている。 コロナ19による累積死亡者も1万8000人を超え、早いテンポで増加している。特に今年初めに5-60人にとどまっていた死亡者数が、3月末を境に150人を超えるなど、コロナ19による状況がさらに悪化している。これに対してパキスタン政府は最近、コロナ19拡散に対し「第3の波」(athirdwave)が起きていると発表し、大衆の移動を制限するための閉鎖措置を発表するなど、強力な防疫政策を続けている。セルトリオンヘルスケアは、今回販売される「レキローナ」がパキスタンのコロナ19防疫政策を支援するとともに、現地医療陣の業務負担を大幅に緩和することを期待すると明らかにした。「レッキロナ」は今年2月5日、韓国食品医薬品安全処から高危険群軽症患者及び中等症患者を対象とした条件付き承認を獲得して以来、現在まで2700人以上の患者に処方された。 その結果、重症に発展する割合が著しく減り、死亡者も減少したことが確認された。また最近、韓国、アメリカ、スペイン、ルーマニアなどをはじめとする13カ国で計1300人のグローバル臨床三床患者の募集及び投薬を完了し、現在データ分析を行っており、三床の結果で「レクキローナ」の安全性と効能が最終的に立証された場合、グローバル輸出の拡大にも青信号が灯される見通しだ。セルトリオングループ関係者は「現在パキスタンだけでなく多数の国と'レクキローナ'輸出協議を行っている」とし「当社は抗体治療剤の限られた生産キャパ(capa)を考慮し早期診断および早期治療を通じて重症·死亡に発展することを予防できる医療インフラを備えた国およびコロナ19の確定者と死亡者が多く発生し、国際社会からの支援が切実な国を中心に'レクキローナ'支援を集中する計画」と述べた。この関係者は「これとは別に韓国のコロナ19拡散抑制のため支援してきたレッキロナの供給は今のように今後も安定的で滞りなく供給していく」と説明した。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-05-10 08:55

[ソウル / ヘルスコリアニュース]  韓国人にとって日本はあまり良い国ではない。 しかし、日本に行って直接会うほとんどの日本人は申し訳ないほど親切だ。 外国人に道を聞かれれば自分も忙しいはずだが、目的地まで案内してもらって帰る日本人を容易に見かけることができる。 その長さが1キロに達しても不便だという気配を見せる日本人は一人もいない。 異邦人が不自然な日本語で「ありがとう」と言えば、彼らはより丁寧に「ありがとうございます」と重ねて頭を下げ、むしろ感謝を表す。 韓国が日本の右翼の破廉恥を一般的な日本人にまで拡大してはならない理由だ。これは製薬会社も同様だ。 韓国には多くの多国籍製薬会社が進出しているが、日本の製薬会社ほど韓国人の情緒に合う企業も珍しい。 単に同じ東洋圏だからではない。 お金にならないことにはあまり目を向けない、もしかしたら徹底的に計算的な多国籍製薬会社が少なくない現実で日系企業が見せる善行はそれ自体で美しい。代表的なのが社会貢献活動だ。 彼らは自分たちの社会貢献を決して利潤追求と結び付けない。 言葉どおり純粋で人道主義的だ。 そのため、さらに良くて関心を引く。 韓国大塚製薬(代表取締役=ムン·ソンホ)の社会貢献活動がとりわけ目を引くのもこのためだ。 同社は27日、国際救援団体の飢餓対策と「ラオス·ナ·サンタン小学校の建築および運営支援事業」に関する社会貢献活動協約を締結した。 今回の協約は、ラオス·ヴィエンチャンのナサンタン小学校に教室を新築し、教育用機材などを後援するためのものだ。土の上に木で建てられた「ナサンタン小学校」は、大変貧弱だ。 雨期になると、ただでさえ足りない教室が一瞬にして泥水に変わってしまう。 授業は夢にも見ることができず、子どもたちは非衛生的な環境で水因性疾病の危険にさらされる。今後6ヵ月間進められる今回の教育環境改善事業は、そのためさらに意味がある。 教室不足で学業に制限を受ける子どもたちに、安定的な学習空間と水因性疾病を予防できる衛生的な教育環境を提供できるからだ。 韓国大塚製薬の開発途上国教育後援事業は今回が初めてではない。 2017年にはカンボジアのポロム小学校を新築したが、これに使われた費用は韓国大塚製薬の本社社屋で運営される社内カフェテリア「セムムムルホール」の運営収益金で賄われた。セムムルホールは、単に質の良い飲料を安価で提供する職員の福祉空間の意味を超えている。 ここの運営収益金は全額、水不足国の飲み水支援事業や途上国の子供らのための教育後援事業のために使われる。 そのため、従業員らはお茶を飲む日常の小さな行動で、今すぐに世界の誰かを助けることができるという自負心で、このカフェを訪れる。サムムルホールは2010年にオープンして以来現在までカンボジア·インドネシア·スリランカなど水不足国家に106の井戸と水タンクなどを後援し、ここの隣人がきれいで安全な水を使えるようにしている。韓国大塚は今年も5月から、ラオス·ビエンチャン地域に管井井戸や水タンクタワー、共同水道田を設置する107番目の飲み水支援事業を進める予定だ。韓国大塚製薬で展開している社会貢献活動は、自社の利益とは何ら利害関係のないものだ。 支援活動そのものが飲み水がなくて井戸を掘らなければならないほど貧しい国々で行われているという事実自体が、これを裏付けている。韓国大塚製薬の社会貢献活動は、韓国だからといって例外ではない。 この会社は企業利潤を社会に還元し、韓国社会に寄与する企業としての使命を果たそうと、社会貢献活動団「五線紙 」(大塚善行守り)を立ち上げ、様々なボランティア活動や寄付活動、保健キャンペーンなどを展開している。 このような運動は個人を超えて、会社レベルのより体系的で全社的な社会貢献活動につながっている。このほか、韓国大塚製薬が披露する質の高い社会貢献活動は、満ちている。 毎月、役職員の給与のうち5000ウォン未満の最後に会社が一定額を加えて寄付する「役職員最後の最後の寄付キャンペーン」は、11年に始めて以来、いつの間にか11年目を迎えている。このように集まった寄付金は、全世界の子どもたちの生存と発達、教育、保護、安全できれいな環境、公平な機会提供などのために使われる。 昨年末も同社は、全役職員が参加して集めた給与の最後の約3000万ウォンをユニセフ韓国委員会に渡した。韓国社会には多くの企業があるが、大きく見れば二種類に分けられる。 お金だけを稼ぐ企業と、お金を稼ぐ企業だ。 金儲けする企業は他人に対する小さな関心と配慮が与えるより大きな幸せと喜びを知らない。 利潤追求の手段さえ社会貢献として包装する技術に長けているだけだ。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-05-01 16:58

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장