기사 (3,166건)

チョ·スミン麻酔痛医学科専門医 / 延世コンウ病院院長[ソウルヘルスコリアニュース]  通勤途中、地下鉄の中で周辺をよく見ると、誰かはニュースを読み、誰かはゲームを楽しみ、誰かはメールで会話を交わす。 多くの人が首を下げ、スマートフォンを眺めている。 スマートフォンが入ってくる前も、我々は地下鉄などで新聞を読み、時間をつぶすものを探した。 今だからといって大きく変わったことはない。 ただ、我々の姿勢が体に良くない形に変わっただけだ。 そのため喉が健康なわけがない。健康保険審査評価院の資料によると、首椎間板ヘルニア患者は2015年に約87万人ほどだった。 そして5年後の2019年には100万を突破した。 毎年、首椎間板ヘルニア患者が大幅に増えている理由には、我々の変わった姿勢が大きな原因となっている。 さらに、昨年からは「コロナ19」によって室内生活が増え、パソコンやスマートフォンの画面を見ることが多くなった。運動量は少なくなり、首への負担はさらに大きくなるので、これから患者数はさらに増えるものとみられる。 私たちがよく「椎間板ヘルニア」と言うのは、骨と骨の間に存在する椎間板が抜け出して神経を刺激する症状を意味する。 この椎間板を英語で'ヘルニア'(hernia)と言うが、このヘルニアが正常な位置から脱出して頸椎神経を刺激して痛みを誘発する。 首椎間板ヘルニアの原因は多様だが、患者の相当数は40代以上だ。 老化の影響を受けるからだ。 しかし、最近は生活環境の影響でディスク症状を経験する年代が多様化している。 正常な首の骨はC字型を維持している。 しかし、長い間、目線より低いモニターを見下ろしたり、首を深く下げたままスマートフォンを使えば、首が一字目に変形し、さらに悪化すれば、亀の首のように前に出ることになる。重さから見れば、首が受ける負担をより具体的に知ることができる。 正しい姿勢をしている時、私たちの首が受ける荷重は5kg程度だ。 この状態で首を15度ぐらい下げてみよう。 すると首が受ける荷重は140%増の12キロだ。 そこでもう少し、30度まで下げてみよう。 それなら首が耐えなければならない重さは18kg、米飯かますの重さだ。 地下鉄から人を観察すると、正しい姿勢で首を伸ばしている人は多くない。 15度程度下げている人も見当たらない。 携帯電話に打ち込むために30度ずつ下げている。 その人たち、みんな自分の首に米を半分ずつ乗せているわけだ。 そのように首は毎日のように重い荷重に耐えられるのだから、椎間板(ディスク)が完全だろうか。 首を前に下げる時より後ろに反らす時の痛みがもっとひどければ、首椎間板ヘルニアを強く疑ってみなければならない。 首椎間板ヘルニアの初期には首にだけ痛みが出るが、次第に突出した椎間板ヘルニアが腕に向かう神経を圧迫し、首や肩の痛み、腕のしびれ、頭痛などが発生する。 ひどい場合、手足に力がなくなったり、歩行障害、大小便障害まで発生することもある。 特に頭を後ろに反らす時は痛みがさらにひどくなり、腕を頭上に上げた時は症状が緩和されれば首椎間板ヘルニアを疑ってみなければならない。症状が軽微なら薬物治療や物理治療など非手術的な方法でも状態が好転することもあるが、状態が深刻なら手術を考慮しなければならない。 最近、手術療法が発達し、痛みや切開なしに短期間で日常生活に復帰できる手術もできるが、手術前に首椎間板ヘルニアを遮断するのがさらに重要だ。首椎間板ヘルニアは一度発病すると、思ったより症状が長引くため、疾患が来る前に姿勢を矯正するのが重要だ。 長時間、コンピューターの前で作業を行う時は、モニターを見下ろさないように、目線の位置に置いたほうがよい。 寝る時、高い枕を使ったり、ソファ-ひじ掛けに頭を当てて休息を取るのは、首周辺の筋肉を硬直させ、一字首を作る原因になるため、避けなければならない生活習慣の一つだ。すべての病気がそうであるように、首椎間板ヘルニアも予防が最善の治療だ。[文:チョ·スミン麻酔痛医学科専門医 / 延世コンウ病院院長][헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-04-27 09:19

保健福祉部[ソウル=ヘルスコリアニュース] 保健福祉部が看護業務の遂行機能を強化するため、看護政策課を新設する。 福祉部は26日、こうした内容の「保健福祉部とその所属機関職制施行規則」改正案を立法予告した。 改正案に対する意見は28日まで受け付ける。改正案によると、看護政策課は、福祉部·保健医療政策室傘下に新設される。 看護人材と政策を効率的に管理·遂行するという趣旨だ。 福祉部はこれに必要な人材3人(4級1人、5級1人、6級1人)を増員する計画だ。看護政策課長は、△看護人材需給政策の策定及び調整△看護人材の養成及び管理に関する事項△看護人材の勤務環境及び処遇の改善対策に関する事項△看護政策関連法令の制定改正に関する事項△看護及び介護統合サービスの運営に関する事項△看護師及び助産師の補修教育免許の届出及び指導監督に関する事項△看護助産師の補修教育及び指導監督に関する事項△看護助産師の補修教育、資格の届出等に関する事項一方、大韓看護士協会のシン·ギョンリム会長は19日、呉世勲(オ·セフン)ソウル市長との懇談会で、ソウル市にも看護政策と新設を建議したことがある。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-04-27 08:25

ファイザー社のコロナ19ワクチン「コミナティ酒」(Comirnaty Inj.)[ソウル=ヘルスコリアニュース] 韓国政府は4月24日、ファイザー社による「コロナ19」ワクチン4,000万回分(2,000万人分)の追加購入契約を締結した。政府は今年4月1日、コロナ19ワクチンを安定的に受給するため、政府レベルのワクチン導入TFを構成して以降、各ワクチン製薬会社と面談するなど、外交的努力を続けてきた。その結果、当初契約を締結した2,600万回分に加え、さらに4,000万回分のファイザーワクチンを追加で購入契約した。これにより、韓国が購入するファイザー社の「コロナ19」ワクチンは計6,600万回分(3,300万人分)に増えた。ファイザーのワクチンは現在まで175万回分が国内に供給されている。 また6月末まで700万回分、そして第3四半期から5900万回分を順次供給する予定だ。ファイザーのワクチンは、今年3月24日に供給が始まってからこれまで、毎週定期的に供給が行われている。今回追加購入契約が締結され、より安定的にコロナ19ワクチンの供給を受けられる基盤が整えられた。追加で購入契約を締結したファイザー社のワクチンを含め、2021年に韓国が確保した「コロナ19ワクチン」は計1億9,200万回分(9,900万人分)に増えた。これは韓国の全人口の約1.9倍に達するもので、集団免疫形成のための接種目標である3,600万人の2.75倍に達する物量だ。当初今年契約されたワクチンは合計7900万人分となり、集団免疫の確保に十分な物量であったが、追加契約を締結することにより、集団免疫の達成時期を繰り上げることができるようになった。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-04-27 07:56

日東製薬本社全景[ソウル=ヘルスコリアニュース] 日東(イルトン)製薬がドイツ連邦医薬品·医療機器管理機関(BfArM)に自社の第2型糖尿病治療剤候補物質「IDG-16177」に対する臨床1相試験計画(IND)承認を申請したと21日、明らかにした。「IDG-16177」はすい臓ベータ細胞のGPR40(Gタンパク質結合受容体40)を活性化してインスリン分泌を誘導し血糖を調節するメカニズムを持つGPR40作用剤(agonist)系列の新薬候補物質だ。会社側によると、この候補物質は高血糖時に選択的にインスリンを分泌するよう誘導するため、薬物投与による低血糖発生リスクを最小化できるという点で差別化する。イルトン製薬(ILDONG Pham)は、今回の臨床1相試験で健康な人と2型糖尿病患者を対象にIDG-16177の安全性および有効性などを評価する予定だ。まず、健康な人で構成された試験群にIDG-16177を単回及び反復投与した後、薬物動態、安全性、耐薬性等を観察し、その結果を基に第2型糖尿病患者群においてIDG-16177の治療効果を探索的に確認する計画である。イルトン製薬関係者は「動物試験などIDG-16177と関連したこれまでの非臨床結果、血糖値降下といった有効性はもちろん、毒性問題など安全性の側面からも競争力を確認したことがある」と述べた。この関係者は「現在臨床用試料確保など欧州臨床試験のための諸般の準備が完了した状態」とし「臨床計画承認と同時に欧州現地で速やかにIDG-16177臨床1相試験に突入する方針」と説明した。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-04-24 12:07

ハンミ薬品が開発した 高血圧+高脂血症3剤 複合新薬 アモジャルタンキュー「ソウル=ヘルスコリアニュース」 ハンミ薬品の高血圧·高脂血症治療3剤複合新薬「アモジャルタンキュー」(AmosartanQ Tab.)がロシア市場進出に成功した。 2剤複合新薬「アモジャルタン」でロシアに進出してから4年ぶりのことだ。 ハンミ薬品(代表取締役 ウ·ジョンス)は20日、パートナー会社サノフィを通じてアモジャルタンキューの現地製品名「トリスタニウム」(Tristanium)からロシア連邦保健省(MOH、Ministy of Health of the Russian Federation)の販売許可を受けたと明らかにした。 アモジャルタンキューはCCB系高血圧治療成分「アムロジピンカムシル酸塩」(Amlodipine Camsylate)とARB系高血圧治療成分「ロサルタン」(Losartan)に高脂血症治療剤「ロスバスタチン」(Rosuvastatin)を結合した3剤複合新薬で、服薬順応度を高めながらも優れた高血圧および高脂血症治療効果を期待できる。 ハンミ薬品は、サノフィにアモジャルタンキューのロシア独占許可資料の使用権を提供し、サノフィはロシア現地の許可や営業、マーケティング、販売を専従する。 サノフィは今回の市販許可を得たことで、販売戦略およびマーケティング戦略などを樹立した後、公式発売に乗り出す計画だ。 ハンミ薬品は、京畿道(キョンギド)のパルタンスマートプラントで完成品を生産し、ロシア現地に輸出する。高血圧治療剤はロシア市場の重要な治療領域に浮上している。 欧州で2番目に大きな医薬品市場を形成しているロシアは、高血圧有病率が人口10人当たり4人程度で発病率が高いが、積極的に治療を受ける患者は20%台にとどまっている実情で、高血圧治療剤の潜在成長率が大きい市場に分類されている。 現在、アモジャルタンキューを構成する3つの成分であるアムロジピンやロサルタン、ロスバスタチンのロシア市場は約4000億ウォン(3億9000万ドル)で、アモジャルタンキューはこの3つの成分の複合新薬で、医療陣や患者らに新しい治療オプションを提供できるようになった。 アモジャルタンキューは昨年、韓国で100億ウォン台の処方売上を記録するなど、高血圧·高脂血症治療の新しいトレンドとして浮上している。 アモジャルタンキューからロスバスタチン成分を除いた2剤複合新薬「アモジャルタン」は2017年からサノフィとロシア販売協力を行っており、4年間年平均21%の成長率を見せている。 ハンミ薬品代表取締役のウ·ジョンス社長は「アモジャルタンキューは韓国で年間1000億ウォン台の処方売上を記録する"アモジャルタンファミリー"の一軸を担っている重要な製品」とし「ロシアを皮切りにグローバル市場進出にさらに拍車がかかるよう最善を尽くす」と述べた。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-04-24 11:47

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장