기사 (3,166건)

ヘルスコリアニュースは、健康についての読者の理解を助けるため、先生の意見を加工せずに直接掲載しています。 本コラムが読者の治療および健康管理に役立てれば幸いです。建国(コングク)大学病院精神健康医学科のチョン·ホンジュン教授。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  昼に我慢できないほど頻繁に眠気が出るなら、睡眠関連疾患を疑ってみることもできる。一つ目は不眠症だ。 不眠症で夜ぐっすり眠れなかった場合、昼間に眠くて気力がない。 不眠症は全人口の30~48%程度が経験するよくある疾患だ。 よく眠れなかったり、よく眠るのに時間がかかったり、途中で頻繁に起きたり、一度目を覚ますとよく眠れなかったり、夜明けや早朝に起きて再び眠れない症状などがあれば、不眠症を疑ってみることができる。不眠症は特別な原因なく発生する場合もあるが、レストレスレッグス症候群や抗うつ剤など精神科の薬物服用、痛みなど他の原因によって二次的に発生する場合まで多様な原因を持つ。 したがって、無条件に睡眠剤を服用してはならず、原因疾患を鑑別するための努力が先行されなければならない。二つ目は睡眠時無呼吸症候群だ。 睡眠無呼吸症患者は寝ている間、上気道が繰り返し閉鎖され、低酸素症、交感神経の亢進などの生理的問題が発生する。 睡眠無呼吸症のある人は寝ている間、本人も知らないうちに頻繁な覚醒を経験し、これによって昼間、疲労感や眠気などの症状が現れる。したがって、運転や機械の操作等を行う者の場合、事故の危険性が高まる。 長期間睡眠無呼吸症を治療せずに放置する場合、高血圧や狭心ズムなど多様な心血管および脳血管疾患の危険要因になり得るという点を認識しなければならない。 過眠症という疾患もある。過眠症にはナルコレプシーや特発性過眠症のように比較的珍しい睡眠疾患がある。 不眠症や睡眠時無呼吸症と違って10代後半の青少年でよく初めて発生するのが特徴だ。 夜よく寝たにもかかわらず、授業時間にいつも眠かったり、急に身体の一部で力が抜ける脱力発作がある場合、疑ってみることもできる。 診断は多重立面潜伏期検査(Mutilple Sleep Latency Test)を通じて確認できる。昼間に疲れ眠いのはよくある症状で、不規則な睡眠パターンや運動不足のように誤った生活習慣から始まる場合がよくある。特に、COVID-19の流行が始まって以来、昼間に「眠い」や「疲れる」と訴える患者が多くなった。 減少した野外活動による身体活動の不足が重要な原因だ。 普段の健康で規則的な生活習慣を維持するよう努力し、睡眠疾患が疑われる場合、一次的に睡眠剤を服用するより、睡眠クリニックを訪れて正確な原因を鑑別することが重要だ。 [文:建国大学病院精神健康医学科チョン·ホンジュン教授]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-07-08 11:40

セルトリオン仁川松島本社全景。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  セルトリオンは5日、コロナ19抗体治療剤「レッキロナ」が動物実験でブラジル「ガンマ」変異ウイルス(P.2)に対して効果を見せたと発表した。 セルトリオンは「コロナ19"ガンマ"変異ウイルスに感染した実験用マウス55匹を対象に"レクキローナ"を投与した結果、薬物を投入しない対照群よりウイルスの力価が大きく減少した」とし「体重減少防御効果など臨床的改善効果を確認した」と説明した。セルトリオンによると、今回の動物実験で「ガンマ」ウイルスに感染した実験用マウスの生存率は「レキローナ」投与群が100%、対照群が0%で、明らかな差を見せた。 特に「レキローナ」は実際の人を治療する時に使用する用量より低い用量でも「ガンマ」ウイルス除去効能を見せた。セルトリオンの関係者はヘルスコリアニュースとの通話で「今回の動物実験で'レキローナ'は先に南アフリカ共和国'ベータ'変異を対象に実施した動物実験と一致する一貫性のある結果が出た」とし「'レキキーナ'は細胞水準の実験で'ベータ'及び'ガンマ'変異に重火能が低かったが、生体内では実際の臨床に適用する用量より16倍低い用量でも十分な治療効能を発揮した」と述べた。この関係者は「最近懸念が高まっている"デルタ"変異に対しても肯定的動物試験結果を期待している」とし「今後も変異ウイルスに積極的に対応してレクキローナを活用したコロナ19のグローバル拡散防止のために最善を尽くす」と強調した。セルトリオンは今後も公信力のある国内外の機関と協力し、各種変異ウイルスを対象に「レクキローナ」の細胞水準中和能と動物効能試験を継続して進めていく予定である。 現在進行中のインド発「デルタ」変異と関連しては、7月中に動物効能試験の結果を確保する計画だ。一方、「レキキーナ」は初期変異株6種(S,L,V,G,GH,GR)及びイギリス(B.1.1.7)、インド(B.1.167)、カリフォルニア(B.1.427429)、ナイジェリア(B.1.525)、ニューヨーク(B.1.526)、ブラジル(P.1)変異に対しては細胞水準段階から強い中和能を有するものと確認されている。

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-07-05 13:32

HKイノエンが開発した国産30号新薬「ケイキャップ」。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  HKイノエン(HKinno.N)が開発した国産30号新薬「K-CAB Tab.」が注射剤に続き容量を半分に減らした低容量製品でも開発される。 保寧製薬の血圧薬「カナブ」(Kanarb Tab.)のように多様な製品開発を通じて特許侵害を防御し、売上相乗効果も極大化する戦略とみられる。 HKイノエンは28日、低容量製品に対するヘルスコリアニュースの質問に「正確な発売時期は公開しにくいが、現在"Kキャップ"25mg容量の商用化を推進中」と明らかにした。胃食道逆流疾患の治療に使われる現在の「ケイキャップ」は、主成分であるテゴプラザン(Tegoprazan)の用量が50mgである。 HKイノエンは、テゴプラザンの容量を半分に減らし、胃食道逆流疾患治療後、再発を予防する25グラムの薬物として開発する計画だ。会社側は既に「Kキャップ」の商用化以前から低容量製品開発を念頭に置いていたという。 HKイノエンは2016年内視鏡を通じて確認されたびらん性胃食道逆流疾患患者の維持療法で、テゴプラザン25mgの安全性および有効性を評価するための臨床三相試験を承認されている。 「ケイキャップ」50mg用量に対する臨床三相試験を進行中だった時であった。 ただし、当時は主力用量の「ケイキャップ」50mgの商用化を優先し、低用量製品の臨床試験は2019年に本格的に開始された。 「ケイキャップ」25mgの臨床3相試験は、糜爛性胃食道逆流疾患の治療を終えた患者318名を対象に進行中であるが、現在被験者募集が完了している状態だ。 当初会社側が予想した1次評価変数の導出時期が昨年末だったため、遠からず最終臨床結果が出るものと予想される。HKイノエンは、該当臨床試験を基に、特許出願も行っている。 特許公開全文を見ると、既に臨床試験を通じて胃食道逆流疾患の再発防止効果が確認された。まず、HKイノエンは「ケイキャップ」25mgを7日間毎日1回経口投与した後、24時間胃内pH(水素イオン濃度指数)を評価した。 その結果、投薬初日は約10時間、7日目は約14時間、胃内pHが4以上に維持された。胃腸内の適正酸性度はpH4 以上である。 薬物投与後、この数値が長く維持されればされるほど、胃酸分泌抑制効果が卓越しているものと評価される。「ケイキャップ」50mg用量が投薬初日の約13時間、7日目の16時間、胃内pHが4以上に維持されたことを考慮すれば、「ケイキャップ」25mgの胃食道逆流疾患再発防止効果は十分であると分析される。韓国製薬業界の関係者は「発売3年目の"Kキャップ"は現在、年間売り上げ1000億ウォン突破の可能性が高くなっている」とし「再発防止のために服用し続けるべき低容量の製品が登場する場合、"Kキャップ"の成長の勢いはさらに早まるだろう」と話した。一方、HKinno.Nは 「ケイキャップ」を 中国で注射剤として開発するため、最近 中国消化器疾患治療剤の専門企業「羅新」に注射剤の製造技術を輸出する契約を締結した。

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-29 17:50

柳韓洋行 チョ·ウクジェ代表取締役[ソウル=ヘルスコリアニュース] 非小細胞肺がん治療剤「レックラザ(LECLAZA)」を通じてグローバル新薬開発力量を見せた柳韓洋行(代表取締役チョ·ウクジェ)が今度は持続型肥満治療新薬として開発中の「YH34160」の前臨床効能試験の結果を国際学術大会で発表する。 もう一つのグローバル新薬誕生の可能性を予告しており、注目を集めている。 今回の研究結果は6月25日(米国現地時間)、2021年米国糖尿病学会(ADA、American Diabetes Association)年例学術大会ポスターセッションで発表する予定だ。 当該研究結果に対する抄録は6月22日(米国現地時間)、学会のホームページを通じてあらかじめ公開された。 柳韓洋行ソウル本社全景。23日、柳韓洋行によると「YH34160」は新しい食欲抑制メカニズムを持つGDF15タンパク質の持続型変異体薬物で、主に脳に存在するGDF15受容体と特異的に結合して食欲抑制による体重減量を誘導する。 既存の経口用肥満治療剤の場合、主に中枢神経系に作用する薬物で、減量効果はあるが依存性と心血管系関連の副作用憂慮が存在する。 これに対して'YH34160'は優秀な体重減少効果と相対的に低い副作用が予想される新しい作用メカニズムを持った持続型肥満治療剤である。 このような長所を臨床で立証すれば、国内だけでなく全世界的に肥満疾患者が増加する趨勢で、拡張可能性の大きいグローバル肥満治療剤市場で頭角を現わすものと期待される。 柳韓洋行 中央研究所公開された抄錄を見ると、「YH34160」はタンパク質エンジニアリングによる生理活性改善物質で対照物質に比べて優れた活性を示し、マウス及びサルにおける薬物動態試験によって長い半減期を持つ持続型治療剤であることが確認され、ヒトに週1回投与が可能であるものと予測された。 二種類の肥満マウスモデルを利用した動物実験において、GLP-1系列の対照物質に比べて著しく優秀な体重減量効果及び脂質数値改善効能も確認した。 「YH34160」は現在、2022年に全臨床毒性試験完了を目標に開発中である。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-23 17:19

(左から)高麗(コリョ)大学バイオ医学部のチョン·アラム教授、ユン·スンギュ教授、チュ·ビョンジュ研究員。[ソウル=ヘルスコリアニュース]  高麗(コリョ)大学バイオ医工学部のチョン·アラム教授研究チームがガン免疫細胞治療用のT細胞遺伝子編集および操作が可能なバイオチップを開発した。 これによって既存の癌疾患に対する免疫細胞治療の限界を克服できるものと期待される。 今まで毒性抗がん剤、標的抗がん剤ががん治療に使われているが、究極的ながん完治には至っていないのが現実であるが、これに新たな代案として患者の免疫細胞を使ってがんを除去する「がん免疫細胞治療(cancerimmuno-celltherapy)」が大きな注目を集めている。 白血病、リンパ腫など一部の血液癌での完治結果を基に、米国FDAから承認を受けた5種類の癌免疫細胞治療剤が現在癌治療に使われている。普通、癌疾患に対する免疫細胞治療は患者のT細胞を分離した後、癌を認知及び攻撃するCAR(chimericantigenreceptor)遺伝子をT細胞の中に入れ、この細胞を再び患者に注入することで治療が行われる。 この時、遺伝子を細胞の中に取り込むためにウイルスを使用することになるが、これによって発生する安全性の問題と低い生産量が大きな短所として指摘されてきた。 のみならず、優れた効果にもかかわらず高価な価格はアクセシビリティにおいてもその限界点が明らかであった。このような限界点を根本的に解決するため、チョン·アラム教授チームは微細液体(microdroplet)基盤のガン免疫細胞治療剤生産プラットフォームを開発した。 同技術は、微細液体の中で物理的に細胞膜核膜を開き、効果的に遺伝子をT細胞の中に入れるプラットフォーム技術だ。 この技術は伝達物質の大きさと免疫細胞の種類に大きくこだわらない特徴がある。 また、低コストと高効率で遺伝子伝達が可能な汎用性の高さを証明し、非常に少ない量の核酸のみを使用するという点で有意義な成果と評価される。 さらに、1分当たり百万個以上のT細胞を大量に編集できる高い処理量を考慮したとき、報告された技術が細胞治療剤の生産にすぐに使用できるものと予想される。 微細液体利用細胞治療剤の生産プラットフォームの模式度と自動原理、そして伝達結果。論文第1著者であるチュ·ビョンジュ研究員はヘルスコリアニュースに「微細流体基盤細胞内物質伝達は細胞治療剤開発を含む多様な生命工学研究に応用可能な潜在力を持つ技術」とし「今回の研究は既存の技術より高いT細胞形質転換歩留まりを得たという点で注目に値する成果」と明らかにした。 今回の研究結果はナノ科学分野の国際学術誌'ACS Nano'にアメリカ現地時間6月18日付で掲載された。[헬스코리아뉴스 = Healthkoreanews]

일본어 | ヘルスコリアニュース | 2021-06-23 08:24

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장