精神健康医学から見た睡眠疾患
精神健康医学から見た睡眠疾患
  • ヘルスコリアニュース
  • webmaster@hkn24.com
  • 승인 2021.07.08 11:40
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

ヘルスコリアニュースは、健康についての読者の理解を助けるため、先生の意見を加工せずに直接掲載しています。 本コラムが読者の治療および健康管理に役立てれば幸いです。

建国(コングク)大学病院精神健康医学科のチョン·ホンジュン教授。
建国(コングク)大学病院精神健康医学科のチョン·ホンジュン教授。

[ソウル=ヘルスコリアニュース]  昼に我慢できないほど頻繁に眠気が出るなら、睡眠関連疾患を疑ってみることもできる。

一つ目は不眠症だ。 不眠症で夜ぐっすり眠れなかった場合、昼間に眠くて気力がない。 不眠症は全人口の30~48%程度が経験するよくある疾患だ。 

よく眠れなかったり、よく眠るのに時間がかかったり、途中で頻繁に起きたり、一度目を覚ますとよく眠れなかったり、夜明けや早朝に起きて再び眠れない症状などがあれば、不眠症を疑ってみることができる。

不眠症は特別な原因なく発生する場合もあるが、レストレスレッグス症候群や抗うつ剤など精神科の薬物服用、痛みなど他の原因によって二次的に発生する場合まで多様な原因を持つ。 したがって、無条件に睡眠剤を服用してはならず、原因疾患を鑑別するための努力が先行されなければならない。

二つ目は睡眠時無呼吸症候群だ。 睡眠無呼吸症患者は寝ている間、上気道が繰り返し閉鎖され、低酸素症、交感神経の亢進などの生理的問題が発生する。 睡眠無呼吸症のある人は寝ている間、本人も知らないうちに頻繁な覚醒を経験し、これによって昼間、疲労感や眠気などの症状が現れる。

したがって、運転や機械の操作等を行う者の場合、事故の危険性が高まる。 長期間睡眠無呼吸症を治療せずに放置する場合、高血圧や狭心ズムなど多様な心血管および脳血管疾患の危険要因になり得るという点を認識しなければならない。 

過眠症という疾患もある。過眠症にはナルコレプシーや特発性過眠症のように比較的珍しい睡眠疾患がある。 不眠症や睡眠時無呼吸症と違って10代後半の青少年でよく初めて発生するのが特徴だ。 夜よく寝たにもかかわらず、授業時間にいつも眠かったり、急に身体の一部で力が抜ける脱力発作がある場合、疑ってみることもできる。 診断は多重立面潜伏期検査(Mutilple Sleep Latency Test)を通じて確認できる。

昼間に疲れ眠いのはよくある症状で、不規則な睡眠パターンや運動不足のように誤った生活習慣から始まる場合がよくある。

特に、COVID-19の流行が始まって以来、昼間に「眠い」や「疲れる」と訴える患者が多くなった。 減少した野外活動による身体活動の不足が重要な原因だ。 

普段の健康で規則的な生活習慣を維持するよう努力し、睡眠疾患が疑われる場合、一次的に睡眠剤を服用するより、睡眠クリニックを訪れて正確な原因を鑑別することが重要だ。 [文:建国大学病院精神健康医学科チョン·ホンジュン教授]


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2023 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭