JW中外製薬、エクソソーム基盤標的型抗がん剤開発着手
JW中外製薬、エクソソーム基盤標的型抗がん剤開発着手
イリアスバイオロジクスと低分子抗がん新薬搭載エクソソーム治療剤の共同研究契約を締結
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.06.15 16:17
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

JW中外製薬のシン·ヨンソプ代表取締役(右)とイリアスバイオロジクスのチェ·チョルヒ共同代表が共同研究契約締結後、記念撮影をしている。
JW中外製薬のシン·ヨンソプ代表取締役(右)とイリアスバイオロジクスのチェ·チョルヒ共同代表が共同研究契約締結後、記念撮影をしている。

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 韓国の製薬企業であるJW中外(ジュンウェ)製薬(JWPHARMACEUTICAL)がエクソソーム(Exosome)を基盤とする標的型抗がん剤の開発に乗り出す。

このため、中外製薬は14日、バイオベンチャー企業のイリアス·バイオロジックス(ILIASBiologics)と低分子抗がん新薬を搭載した標的型エクソソーム(Exosome)治療剤開発のための共同研究契約を締結した。

JW中外製薬は自社が確保した低分子抗がん新薬候補物質にイリアスの独自エクソソームプラットフォーム技術を適用し、グローバル革新新薬を開発するという目標だ。

エクソソームは人体内のすべての細胞が分泌するナノ粒子サイズの物質だ。 最初は細胞の代謝過程で出てくる老廃物として知られたが、細胞と細胞間にメッセンジャーの役割をするという事実が明らかになり、次世代薬物伝達体として注目されている。 エクソソームは一種の細胞宅配便に例えられることもある。

イリアスは特定薬物をエクソソームに載せて標的細胞内部に安定的に伝達する技術を保有している。 エクソソームに抗がん剤などの薬物を搭載すれば、他の部位に作用せず、該当薬物を標的細胞まで移動させて作用するようにする概念だ。

イリアスのチェ·チョルヒ共同代表はこの日、ヘルスコリアニュースに「イリアスのエクソソームプラットフォームは多様な薬物を自由形態(free-form)で搭載でき、能動的に標的細胞を標的に治療効果を高めることができる最も進歩した技術」とし「JW中外製薬の革新標的抗がん新薬を適用して癌細胞を選択的に死滅させる臨床開発候補物質を導き出す計画」と話した。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신