フューチャーケム、前立腺がん治療剤「FC705」米国臨床1·2相同時実施
フューチャーケム、前立腺がん治療剤「FC705」米国臨床1·2相同時実施
会社側「競争薬物フルヴィクトのFDAの承認でFC705成功の可能性が高い」

「国内臨床1相は仕上げ段階… 1相終了後、技術移転議論活発するものと期待」
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.04.29 14:57
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

フューチャーケムのある研究員が放射性医薬品の研究を進めている。(写真=フューチャーケム)
フューチャーケムのある研究員が放射性医薬品の研究を進めている。(写真=フューチャーケム)

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 放射性医薬品専門企業のフューチャーケム(FutureChem)が米国食品医薬品局(FDA)に自社の前立腺がん治療剤「FC705」の臨床1·2a相試験を申請した。

米国臨床はUniversityofMarylandMedicalCenter(メリーランド大学メディカルセンター)の他5機関で行う予定だ。

臨床は1相と2相を同時に行う。

29日、会社側によると、1相では100mCi用量を6人の患者を対象に単独投与し、2a相では100mCi用量を20人の患者に繰り返し投与する。

これにより転移性去勢抵抗性前立腺がん(MetastaticCastrationResistantProstateCancer、mCRPC)患者に対する薬物の安定性(stability)と有効性(effectiveness)を評価する計画だ。

今回の臨床で使用する測定指標は、▶PET/CTの標準摂取係数の変化、▶映像基盤の無増悪生存期間(Imaging-basedPFS)、▶生存期間(OS)などであり、臨床過程で観測される完全寛解(CR)、部分寛解(PR)、無増悪生存期間(PFS)などの有効性データを確認する予定である。

フューチャーケムの関係者は同日、ヘルスコリアニュースに「国内臨床1相の中間発表で,臨床に参加した去勢抵抗性転移(mCRPC)患者のうち前立腺特異抗原(PSA、Prostate-SpecificAntigen)数値が最大92%減少し、少ない用量の単一投与でも高い有効性を確認した」とし、「競争薬物のノバティス(Novartis)の前立腺がん治療剤『フルヴィクト』(Pluvicto)の米FDA(食品医薬局)承認でフューチャーケムのFC705成功の可能性を高く見ている」と述べた

同関係者はまた、「国内臨床1相は最終段階にあり、国内臨床1相終了後、FC705の技術移転議論が活発に行われるものと期待されている」とし、「今年2月、1相から有効性を確認した100mCi用量は国内臨床2相を申請した」と説明した。

一方、米国国立がん研究所(NationalCancerInstitute,NCI)は韓国の前立腺がん治療剤市場規模が2025年までに約1兆4000億ウォンに達すると予想した。 同期間、グローバル市場規模は約 29조 8000억 원に達するとの見通しを示した。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신