糖尿病有病期間が長いほど認知症にかかる危険性が高い
糖尿病有病期間が長いほど認知症にかかる危険性が高い
龍仁セブランス病院精神健康医学科キム·ウジョン教授研究チーム

800万人以上の分析… 高血糖·脳卒中が認知症の発生を高める
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2021.11.10 08:19
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

(左から)延世(ヨンセ)大学龍仁(ヨンイン)セブランス病院精神健康医学科のキム·ウジョン教授、ソウル聖母(ソンモ)病院内分泌内科のイ·ウンヨン教授、崇実(スンシル)大学情報統計保険数理学科のハン·ギョンド教授[写真=龍仁セブランス病院提供]
(左から)延世(ヨンセ)大学龍仁(ヨンイン)セブランス病院精神健康医学科のキム·ウジョン教授、ソウル聖母(ソンモ)病院内分泌内科のイ·ウンヨン教授、崇実(スンシル)大学情報統計保険数理学科のハン·ギョンド教授[写真=龍仁セブランス病院提供]

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 脳卒中のような合併症があったり、糖尿病の有病期間が長くなるほど痴呆症の発病リスクが増加するという研究結果が出た。 

延世大学校医科大学龍仁セブランス病院精神健康医学科キム·ウジョン教授研究チームは、2009-2010年に健康保険公団で実施する一般健康検診に参加した40歳以上のすべての検診者を分析し、このような結果を得た。

研究チームは検診者を▲正常群▲糖尿の前段階▲新たに発症した糖尿▲5年未満の治療中の糖尿▲5年以上治療中の糖尿に区分し、コックスの比例危険回帰分析を実施した。

分析の結果、糖尿前段階を含む高血糖の程度と期間がアルツハイマー型認知症の発症リスクの増加と有意義な関連があった。 糖尿の前段階で5年未満治療中の糖尿と、5年以上治療中の糖尿にますます痴呆症の発病リスクが高かった。 特に、虚血性心疾患、脳卒中、慢性腎疾患などの疾患がある場合、単純糖尿だけがある場合よりも認知症発生の危険性が高かった。

また、糖尿病が新たに発病して治療を受ける以前の患者の認知症発生危険は、発病5年未満の治療中の糖尿病患者より高かったが、5年以上治療中の糖尿病患者よりは低かった。

これは、糖尿病をうまく管理する場合、初期には痴呆症の発生リスクを下げることができるが、糖尿病の有病期間が長くなる場合、痴呆症の発生リスクがやむを得ず増加する可能性があるということを意味すると、研究チームは明らかにした。 

研究チーム関係者は「今回の研究は800万人以上を対象に行われ、高血糖と認知症の関連性を調べた研究の中で最大規模」とし「高血糖とその他の同伴疾患が脳の老化過程を加速化し認知症発病危険が増加するという既存の仮説と一致する結果」と説明した。

キム·ウジョン教授は「認知症予防のためには十分な運動と適量の食事調節を通して糖尿病にならないよう事前に予防することが何よりも重要だ」とし「今回の研究を基に今後糖尿、あるいは糖尿前段階の患者のためのオーダーメード型認知症予防方法を開発していく計画」と述べた。

今回の研究結果はアメリカ糖尿病学会(American Diabetes Association,ADA)学術誌「Diabetes Care(IF. 19.112)」オンライン版に掲載された。


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장