「蛇毒でベーチェット病治療剤を開発する」
「蛇毒でベーチェット病治療剤を開発する」
独立バイオ製薬「白毒成分有効物質薬剤学的組成物の米国特許取得」

「体内炎症調節ケモカイン受容体の発現増加、皮膚潰瘍治療の効能確認」
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2021.10.18 18:41
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

[写真=ピクサーベイ]
[写真=ピクサーベイ]

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 韓国の製薬バイオ企業が蛇毒を利用し、希少難治性疾患であるベーチェット病(Behcet's disease)
治療剤の開発に乗り出す。

独立バイオ製薬(株)(代表チョン·テギ)は18日、蛇毒成分であるAP(Agkistrodonpiscivorus piscivorus)とNM(Najamelanoleuca)を有効成分として含む炎症性疾患の予防または治療用薬剤学的組成物で、最近米国特許を取得したことを明らかにした。

 

独立バイオ製薬のチョン・テギ代表取締役。
独立バイオ製薬のチョン・テギ代表取締役。

会社側によると該当蛇毒を含む炎症性疾患の予防または治療用組成物は皮膚潰瘍が誘発されたマウスで体内炎症反応を調節する'ケモカイン'(Chemokine)受容体の発現を増加させることで皮膚潰瘍治療などに効能が優れていることが明らかになった。

「サイトカイン」(cytokine)の一種である「ケモカイン」(化学誘引物質サイトカイン)は分泌されてこそ免疫系で白血球が感染部位がどこなのかを知って移動できると知られている。

当該組成物の有効成分であるAPとNMは動物実験の結果、C-Cケモカイン受容体(C-Chemokinerceptortype1,CCR1)の発現を増加させ炎症を緩和させる等の効果が確認された。

会社側関係者は「該当する組成物は皮膚潰瘍治療効果に優れたことが確認され、皮膚潰瘍の治療、特にベーチェット病(Behcet's disease)やバーガーシー病(Thromboangiitis obliterans)の治療のための皮膚外用剤の開発を計画している」として「この他にも様々な医薬品などに適用され有用に使用できるだろう」と 説明した。 

 

独立バイオ製薬の米国特許証
独立バイオ製薬の米国特許証

ベーチェット病は希少難治性炎症性疾患で、口腔または生殖器の反復的なアフタ性潰瘍、ブドウ膜炎および皮膚病変を症状とする。 皮膚潰瘍だけでなく関節、中枢神経系、胃腸、腎臓、泌尿生殖器、肺、心血管、消化器系関連、上下大静脈症候群、大動脈逆流などの症状が伴う深刻な慢性的炎症が多面的に現われる。 自己免疫と自己炎症性反応が主な原因に挙げられている。

2013年に設立された独立バイオ製薬は医薬品および医療機器専門の研究開発·製造企業で、トキシン由来物質(AP、NM)を利用したベーチェット病治療剤開発以外にも肺炎球菌pep27変異株を利用した粘膜疾患予防ワクチンおよび治療剤を開発中である。 2020年には中小ベンチャー企業部の新産業分野有望創業企業支援事業である「BIG3」事業の参加企業に選ばれた。


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신
여론광장