韓国製薬業界、恐竜企業が増えている… 売上高2兆ウォン時代間近
韓国製薬業界、恐竜企業が増えている… 売上高2兆ウォン時代間近
1兆クラブ加入企業、計9社 … 2019年より1ヵ所増加

セルトリオン売上高1兆8491億ウォン … 新たな1位の誕生

柳韓洋行コロナ19にも実績善戦 … 惜しい二位

三星バイオロジックス、創業9年目にして1兆クラブ入り
  • ヘルスコリアニュース
  • webmaster@hkn24.com
  • 승인 2021.02.25 17:45
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

[ソウル/ヘルスコリアニュース] 昨年、売上高1兆ウォンを達成した製薬会社が2019年より1社増えた9社と集計された。 売上高が2兆ウォンに迫った会社も登場するほど、製薬会社各社の規模は膨らんでいる。 特に新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の直撃を受けた年であるにもかかわらず、相当数の製薬会社が著しい成長を記録し、韓国の製薬産業が成熟期にさしかかっているという分析が出ている。

ヘルスコリアニュースが24日基準、67の製薬会社の暫定業績を分析した結果、昨年、最も多い売上高を記録した会社はセルトリオン(Celltrion)だ。 セルトリオンが製薬バイオ業界を合わせて売上1位を達成したのは今回が初めてだ。

 

セルトリオン、史上初の1位。 売り上げ2兆ウォンに迫る
既存1位のユハン洋行(Yuhan Offers)は1段階下落… 実績は善戦

同社は昨年の連結財務諸表基準で、売上高1兆8491億ウォン、営業利益7121億ウォン、営業利益率は38.5%を記録した。 前年比の売上高は63.9%増、営業利益は88.4%増で、前年に続き過去最大の業績を達成した。

特に、セルトリオンは昨年第4四半期の当期実績が期待値を下回る中、製薬業界の売上1位を記録する気炎を吐き、業界でさらに注目を集めている。

セルトリオンの第4四半期の当期売上高は4987億ウォン、営業利益は1647億ウォンと前年同期比それぞれ30.3%と44.3%増加した。 証券街のコンセンサス(平均推定値)より売上は5%、営業利益は27%低い金額だ。

これについて証券業界では、コロナ治療剤「レキローナ(Regkirona)」の開発と生産で業績が予想を下回ったと分析している。 国内供給のための10万人分の「レキローナ」を生産し、既存のバイオシミラー生産が減少したため、売上は前期比9%減少し、「レキローナ」の臨床1床と2床の開発費用が実績に反映され、営業利益が予想より少なかったという。

しかし、今年「レキローナ」の売上が発生し、バイオシミラーの生産が正常化すれば業績は急上昇し、製薬業界では初めて売上2兆ウォン台が誕生するという見通しが出ている。 

キウム証券のホ·ヘミン研究員は「レキローナを除く今年の売上高は前年比28%増の2兆3614億ウォン、営業利益は30%増の9258億ウォンになる」とし「ただ、レキローナの生産は第1工場(CAPA150万人分)で行われる予定だが、欧米の緊急使用承認など注文が急増すれば、追加生産分のために第2工場も使用しなければならない。 この時は、従来のバイオシミラー製品の生産スケジュールの変動もありうる。 これについては、3-4月中に輪郭が出ると予想している」と述べた。

製薬業界の売上順位2位は、数年間1位の座を守ってきたユハン洋行だった。

同社の昨年の連結財務諸表基準の売上高は1兆6199億ウォンで、前年(1兆4084億ウォン)比9.4%増加した。 同期間、営業利益は2399億ウォンと前年(125億ウォン)より572.1%増加し、純利益は1904億ウォンと前年(366億ウォン)より420%増加した。

会社側は、「支配会社および従属会社の売上とライセンス収益が増加し、実績増大を牽引した」と分析した。 特に、軍浦工場敷地の売却処分額が反映され、純利益が大幅に増加したという評価だ。

 

チョングンダン、1組クラブ加入1年で5位に
三星バイオロジックス、創業9年で1兆突破

3位は1兆5041億ウォンを記録したGC緑十字(Green Cross)で、前年と同じだった。 韓国コルマ(Kolmar)は売上順位が2位から4位に下落した。 昨年の売上(1兆3142億ウォン)が前年(1兆3789億ウォン)比4.69%減少した影響だ。

2019年、売上1兆クラブに初めて加入したチョングンダン(CKDpharm)は売上が急上昇し、一気に5位に浮上した。

チョングンダン社の昨年の売上高は1兆3030億ウォンで前年(1兆793億ウォン)より20.7%増加した。 営業利益は1239億ウォンで前年(746億ウォン)比66%、純利益は904億ウォンで前年(374億ウォン)比70.7%増えた。

会社側は、既存製品と提携品目の同伴成長が売上増加、利益改善に影響を与えたものと分析した。

チョングンダン社の関係者は本紙の電話取材に対し「既存製品と肥満治療剤『キュシミア』、ボツリヌストキシン製剤『ワンダートックス』など新規製品が業績上昇に寄与した」とし「営業利益はコロナ19と肥大面営業が拡大したことで販管費が減少し、利益が増加した」と述べた。

続いて、6位=クァンドン製薬(1兆2438億ウォン)、7位=サンスンバイオロジックス(1兆1648億ウォン)、8位=ハンミ薬品(1兆759億ウォン)、9位=テウン製薬(1兆554億ウォン)などの順だった。

7位を記録したサムスンバイオロジックス(samsung biologics)は昨年、創立9年で1兆ウォン台の売上を記録し、製薬業界「1兆クラブ」に初めて加入した。

同社の昨年の売上高は1兆1648億ウォンで、前年(7016億ウォン)より66%も増加した。 営業利益は2928億ウォンで、前年(917億ウォン)比219%増となっている。 バイオ企業らしく営業利益率は25%に達した。 
サンスンバイオロジックスは現在、計3工場を保有している。 このうち第1、第2工場はフル稼働、第3工場の稼働量が増加し、売上高と営業利益の増大を牽引した。

最近、グローバル製薬会社各社とCMO契約も相次いでおり、今後の業績予測も明るい。 同社は昨年締結したCMO契約規模が約17億800万ドルに達する。 2019年の総売上(7016億ウォン)の2倍を超える金額だ。

現在、単一工場としては世界最大規模の第4工場も建設中だ。 生産能力が25万6000リットルに達する第4工場は、細胞株の開発から完成品の生産まで、一つの工場内で「ワンストップサービス」が可能な「スーパープラント」で、2022年に部分生産、23年に全体稼動が目標だ。 

第4工場が稼動を始めれば、サンスンバイオロジックスのバイオ医薬品CMOの受注はさらに増える見通しだ。

ハンミ薬品とテウン製薬は、昨年の売上が減少し、順位がそれぞれ2ランクずつ下がった。

ハンミ薬品は前年(1兆1137億ウォン)比3.39%減の1兆759億ウォン、テウン製薬は前年(1兆1134億ウォン)比5.21%減の1兆554億ウォンの売上をそれぞれ記録した。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신